小さな式

看護師

西洋文化が流入する前の日本では、結婚式は「披露宴」がメインでした。結婚式場も自宅を使うのが一般的であり、そこに普段お世話になっている方や両親、親族を集めて入籍のお披露目を行なったのです。 現在では、結婚式と言えばゲストが夫婦をお祝いするためのセレモニーと言うイメージが生まれていますが、歴史を振り返ればその意義は全く異なっていた事が分かります。 近年経済的な問題もあって結婚式を行なわない夫婦が増えていますが、一方全く行なわない場合、これまでお世話になった方々の気分を害してしまう可能性もあります。 できるだけ自分達の身の丈に合った式を行い、両親や親族に感謝を伝えたい場合、少人数結婚式を行なうようにしましょう。少人数結婚式であれば20人規模の結婚式を行なう事ができます。

少人数結婚式を行なう場合、結婚式場にある少人数結婚式のプランを使用するのが一般的ですが、近年はこうしたプランを使用しないでも少人数結婚式を行なう夫婦が増えています。 具体的にはレストランウエディングを行なう事で、結婚式の規模を抑えるのです。 レストランウエディングはゲストハウスやホテルよりも小規模な式を行えますので、ゲストが少人数でも違和感がありません。レストランであればスタッフが一人一人のゲストをしっかり確認できますので、サービスがきちんと行き届くメリットもあります。 レストランウエディングは現在多くのご夫婦の支持を集めていますので、今後は少人数結婚式が益々盛んになって行く事は間違いありません。 それに合わせて、ゲストハウスも少人数結婚式向けの場所が生まれるようになるでしょう。