欠席のマナー

場合によっては参加したい結婚式でも参加できない場合があります。そのときには祝電を送るなどある程度の対策をし、欠席者としてのマナーを守る必要があります。関係性によっても対応は変化します。

Read More

近年のトレンド

結婚式というとドレスの印象が大きかったのですが、最近では神前式として和装の結婚式を選ぶ人が増えてきています。ここでしかできないからこそ和装で記念すべき日を過ごしたいと考える若い人が多いのです。

Read More

宿泊施設を考える

結婚式場によっては宿泊施設を利用しなければいけないこともあります。ゲストハウスなどを利用すれば1人1人にホテルを取るよりも遥かに安く参加者の手間にもならずに式を進めることもできます。

Read More

小さな式

結婚式も無料ではありませんし、準備に手間もかかります。最近は大人数の挙式よりも少人数での結婚式を希望し、参加してくれた人に対してゆっくりと接することができるようになりますし、メリットも多いです。

Read More

オススメリンク

  • スタジオロビタ

    詳細を調べておくことができるので、結婚式なら動画に関することを確かめておくといいでしょう。興味があるならこちらからとなっています。

特別感のある結婚式

晩婚化が進み、何度も結婚式に参列した事がある人が増えています。今までなかった結婚式を挙げたいと思い、ここにこだわった結婚式が増えています。シチュエーションに拘った人は海外ウエディング、思い出の地で挙式をしたい人はリゾートウエディング、格式に拘る人ホテルウエディングなど選択肢がたくさんあります。その中で料理に拘る方はレストランウェディングを選びます。普段は通えないような高級レストランで、高級素材を使ったり、故郷の食材を取り入れてもらったり、オリジナルの料理を考えてもらったり出来ます。食材に合わせたワインの種類も豊富です。ゲストの事を考えて楽しんでいただけるおもてなしの空間がレストランウェディングで実現します。

レストランウェディング一日一組しか上げられないので特別感があります。特別の式ということで、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。一般的な結婚式と同様の費用で、利用料、お花代、ウエディングドレス代、ヘアーメイク代、写真代、カメラマン代、ピアノ演奏代、引き出物代、引菓子代、飲食代などがかかります。中でも一番大きな費用部分の飲食代ですが、予算を決めてその中で食材や料理を相談することが出来ますので、細かいところで節約することも可能です。ドレスやカメラマンなども提携していない外部の業者にお願いすることで更に費用を節約することが可能です。レストランウェディングの良いところは、オリジナルの結婚式を挙げることが出来ることです。